お中元の知っておきたいマナーと喜ばれる商品

お中元とは日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈る品物のことを言います。もともとは中国で7月15日のことを「中元」と呼び、祖先を供養していました。その習わしが日本に伝わり仏教の盂蘭盆会の風習と混じり、お盆の頃にお世話になった人に贈り物をする習慣へと変化しました。お中元を贈る時期は地方によって少し違いがあるものの、7月15日を目安にして贈ると良いでしょう。

お世話になった人にお中元を贈りそびれた場合は「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として品物を贈ることもできます。予算は贈る相手にもよりますが、あまり高価なものを贈ると相手側に気を使わせてしまうこともあります。毎年贈ることになるかもしれないことを考えて、無理のない金額にしましょう。目安としては親類の場合は3000円から5000円位、会社の得意先や特にお世話になった方の場合、3000円から10000円位が相場です。

どういう品物を贈ればいいのかは、これも相手のことを考えて選ぶようにするべきですが、季節が夏なので夏に食べやすいものや飲み物などが特に人気が高い品物です。飲み物であればビールやアイスコーヒー、子供がいる家庭に贈る場合はジュースなどの清涼飲料水が喜ばれます。食べ物の場合はゼリーや水ようかん、そうめんなどが人気です。一人暮らしの人に贈る場合は、量などに気を付け日持ちがするものを選ぶようにする配慮が必要です。

お中元を受け取る側になった場合は、すぐにお礼状を書くようにして、受け取った旨と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です