知っておくと役立つお中元のマナー

お中元は、日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈り物をする風習のことです。お中元を贈る場合には、贈り物をする時期や品物選び、のし紙の書き方などに注意を払い、相手に不快感を与えないようにすることが大切です。品物を選ぶ際に最も気をつけたいことは、相手に何を贈るかです。夏に贈るお中元は、ビールやそうめん、ゼリーなどが人気ですが、贈る相手の好みや家族構成も考えた上で、贈る量や嗜好などを考えた品物を選ぶことを心がけましょう。

贈り物にかけるのし紙には表書きの上の方にお中元と書き、水引の結び目より下の中央に送り主の名前をフルネームで書きます。のしの包装には内のしと外のしがありますが、宅急便で送る際には内のしで、手渡しをする場合は外のしと使い分けることが一般的です。また、お中元を贈る時期は地域に異なります。東北や関東では7月初旬から7月15日ごろにかけて行われますが、北海道では7月15日から8月15日ごろまで、東海・関西・中国・四国地方では7月中旬から8月15日ごろとなっています。

一番遅い九州では、8月1日から15日ごろまでが目安の時期です。少し特殊なのが北陸と沖縄ですが、北陸は7月1日から15日としている地域と7月15日から8月15日としている地域に分かれています。沖縄の場合は旧暦の7月15日前後、現在の暦でいうと8月中旬から9月初旬の時期に贈ります。このように、地域によって贈り物をする時期に差があるので、注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です