お中元の意味!知っておくと良いマナー

お中元とは、日頃の感謝の気持ちを込めた贈り物のことです。地域によりますが、7月1日から8月15日の間に贈るのが一般的です。西日本では7月15日~8月15日の間に、東日本では7月1日~7月15日の間にというのが昔からの慣習ですが、最近はそれほど差はなくなってきています。お歳暮は1年の終わりに感謝の気持ちを込めて贈るものです。

お歳暮も地域によって差がありますが、12月10日~12月20日頃が一般的です。それに対して、お中元は半年感の感謝の気持ちを込めた贈り物なので、どちらか片方だけにしたい場合はお歳暮にしたほうがいいでしょう。どちらもお世話になった親族や上司に贈り物をするという意味合いが強いです。金額の目安は、5千円前後が一般的ですが、特にお世話になった人には1万円以上のものを贈ることもあります。

しかし、受け取った人はお返しを考えなくてはならないので、あまり気を遣わせないためにも高価なものは贈らないほうがいいです。考え方は人によりますが、もらったらお返しをする・来年以降も継続するという考え方の人もいます。なので、気を遣うからもらいたくないという人もいます。お中元をもらったときのマナーとして、すぐにお礼状を書くのが一般的です。

目上の人へ贈るのが一般的なのでお返しはする必要はありませんが、相手との関係性を考えて返礼品を贈る場合もあります。もらったものよりも高価なものを返してしまうと、失礼にあたることがあるので、同じくらいの価値のものを選びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です