お中元を選ぶ時の注意点

お中元を選ぶ時には、相手に嫌な思いをさせないようにといろいろと考えてしまいます。贈り物を選ぶ時には何を注意すれば良いのでしょうか。決まったルールがあるわけではないのですが、好きに決めていいと言うわけではありません。まずはあまり高級なものを送らないと言うものです。

特別にお世話になったことがあればそれなりのものを贈っても構いませんが、普段の時に金額が高いものを送ると恐縮させてしまいます。会社関連であれば5、000円程度に止めておいた方が良いでしょう。これからも末長くお付き合いをしたいと思わせるためにも、その程度で十分と言えます。相手に感謝するためのお中元ですから、相手に合ったものを贈ることが大切です。

なかなか決まらないことがありますが、どうしても決められない時は、飲み物や乾物など日持ちするようなものだと安心です。糖尿病や生活習慣病の疑いがあるようなら、健康的な出汁などを送るともらっても困らないでしょう。生ものをお中元で送る時には、相手が受け取れる状態であることが確認できる相手にしましょう。なかなか受け取れないことで、相手に催促があったり、受け取ったら食べられない状態だったりするとせっかくの感謝が台無しです。

そう言う時には乾物などの日持ちをするものが安心です。連絡を頻繁に取り合う相手でなければ、なるべく期間が長く、誰でも喜ぶような生活に密着したものを選ぶようにします。一度贈るようになったら頻繁に変えるのも、迷惑になるので注意しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です