夏の風物詩!お中元とは

お中元と聞いて、何を思い浮かべますか。「上司や親族宛てのギフト」「暑中見舞いに似たようなもの」など、ただ送るだけと思っている方も多いと思います。実は奥深い歴史があり、元々のルーツは古代の中国にあります。中国では旧暦で上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の3つに歴が分かれており、中元の日である7月15日に神様にお供え物を贈ると、今までの罪が赦されるとされておりました。

そこから盂蘭盆という仏教の行事と結びつき、「ご先祖様を供養する日」と変化していきました。日本にも1月と7月で1年を分けて、ご先祖様を祀るという行事があったため、お中元とお歳暮の行事が定着したと言われています。そんな歴史の深いお中元ですが、誰にでも送っていいというわけではありません。7月までの半年間でお世話になった人に贈るのが一般的です。

感謝の気持ちを贈りたい人物をピックアップしたら送る品物を決めます。食料品が一般的ですが、相手の食べ物の好みがわからない場合は、お洒落なタンブラーやオーガニックの石鹸など日用品を贈ると良いでしょう。贈る際には「熨斗(のし)」と呼ばれる紙を巻いて贈ります。表には「御中元」と筆書きします。

贈る期間は7月1日から15日の間が一般的です。自分が贈っていない相手からお中元が届いた場合はお礼状を書き、相手に送ります。もし気持ちをお返ししたい場合は相手の半額程度のものをお中元として贈ると良いでしょう。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です