Monthly Archives: 2月 2015

薬の承認が遅いのは安全性を求める故?

日本では薬として認められて正式に使用できるまでには長い年月がかかります。 薬として販売するには厚生労働省の必要が必要です。薬の承認が遅いと感じるのは安全性を求める故のことです。 薬ができあがるまでには多くのプロセスを経て […]

ピル認可をめぐる日本での問題

妊娠・出産は女性にとって、人生の転機となることです。 しかし、数十年前から低年齢の妊娠・出産が問題となっています。 昔よりも性交渉の若年化が進んでいると言えます。 避妊の手段としては、男性用コンドーム、女性用コンドーム、 […]

ピルの承認を渋った日本

避妊を主な目的とした低容量ピルは、1960年代にアメリカで認可されました。 一方日本では1990年から九年間にわたって長期審議が続き、1999年にやっと正式承認されました。 欧米から約40年も遅れての解禁でした。 ピルの […]