アフターピルの費用と薬はケースに入れて持ち運ぶ

セックスの際に、コンドームを付けるのを忘れてしまったり、コンドームを付けてもらえなかったりすることがあります。
また、コンドームを付けていたのにコンドームが破れてしまったり、外れてしまったという時に心配になるのが妊娠です。
望まない妊娠は本人たちはもちろんですが、赤ちゃんにとっても不幸な事になってしまう可能性があるからです。
避妊に失敗してしまったそんな時に使うのがモーニングアフターピル(緊急避妊ピル)というものです。
低用量ピルなどは経口避妊薬として有名ですが、アフターピルはピルを普段から服用していない人で妊娠の危険があった時に服用するピルになります。
アフターピルは、72時間以内の服用で85%から95%の避妊率があるとされています。
なぜ避妊出来るのかというと、排卵を抑制、排卵を遅らせ、受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止するなどの効果があるからです。
つまり、既に妊娠してしまっている場合は効果が無いということです。
アフターピルには2種類あって、それぞれ費用も効果も異なります。
旧式のヤッペ法というのは費用的には1万円ほどで処方され、3錠を12時間おきに2回服用するというものです。
2回の服用なので飲み忘れがないようにケースなどに入れて持ち歩くことが大切で、適切に使用した場合の成功率は85%となっています。
もう一つのアフターピルは、LNG法と言われるものになります。
費用は1万5000円前後で処方されて、2錠を1回服用するだけでOKになります。
1回の服用で良いので、ケースに入れて持ち運びをする必要などもなく便利です。
万が一の時に備えてケースに入れて持ち歩いている人もいます。
適切に使用した場合の成功率は95%となっています。