アフターピルと保険適用

緊急避妊用のアフターピルは、保険適用外なので自費診療となります。

また、どの産婦人科でも取り扱っているものではないため、診療に訪れる前に問い合わせしておくとよいでしょう。
問い合わせ時は、匿名で、避妊に失敗したので、緊急避妊をしたい旨を伝えておくとよいでしょう。

また、担当医師が男性ですと、相談しにくいと感じる方は、女性医師がいるかどうかを尋ねておきましょう。

アフターピルは、着床を防止するために高濃度の女性ホルモンを服用します。

中絶に比べると、早期に妊娠を回避することができるので、身体への負担も少なく、性行為から72時間以内に服用することで、効果が現れます。
しかし、副作用も少なからずあり、薬の服用方法などの説明や注意点を知る必要もあります。
現在では、海外購入サイトで処方箋なしに手に入れることもできるようですが、ピル服用については、専門の医師と相談し、副作用のケアも含めて考えてくれる産婦人科で処方してもらいましょう。
現在では、ヤッペ法(プラノバール)とノルレボ錠服用の2つの方法があります。

自費診療のため、病院であつかっている薬やアフターケアまで含めた料金もあり、さまざまですが、3万円以内には収まるようです。